むずむず脚症候群と子供の関係 原因や治療法のまとめ

このページではむずむず脚症候群を発症してしまう子供の原因と治療法をまとめています!
 
 
 
むずむず脚症候群はわりと大人のほうが子供よりも発症数が多いです。
 
しかしながら子供でも発症するケースがあり、思春期の子供にみられるケースが多いです。
 
大人と子供ではむずむず脚症候群にかかる違いがあるのでしょうか。

 

子供のむずむず脚症候群の原因

 

子供のむずむず脚症候群になる原因とは何が考えられるのでしょうか。
 
いくつかの原因が考えられますのでまとめてみましょう。
 
 
まず、鉄分が欠乏している可能性があります。
 
 
他にも、マイコプラズマ・A群溶連菌にかかることでむずむず脚症候群の症状が出ることもありますし、
 
抗ヒスタミン剤・抗うつ剤・H2ブロッカーなどがドーパミンを遮断する原因となることもあります。
 
 
また、子供の場合、睡眠不足とカフェインの摂りすぎも発症原因になることがあるので注意が必要になります。
 
 

 
子供がむずむず脚症候群になる原因は様々ですね。
 
 
子供が足の不快感を訴えた場合は、原因をしっかり見極めることが大切になりますね。
 
以上が子供のむずむず脚症候群になる原因ついてでした。

子供と大人のむずむず脚症候群の違い。原因は遺伝?

 

同じむずむず脚症候群でも、子供と大人では発症の理由が違います。
 
子供の場合は原因が遺伝であるケースがとても多いとのことですので、遺伝について探ってみましょう。
 
 
まず、大人がむずむず脚症候群にかかる原因として、鉄分不足である場合が多いです。
 
鉄分が足りないとドーパミンがうまく脳に届かなくなり、
 
ドーパミンが正しく機能しないことが発症の原因であるとすでに研究結果が出ています。
 
 
 
しかしながら、これはあくまで大人のケースであり、
 
子供の場合はむずむず脚症候群が発症していても鉄分の量は正常値である事もあるのです。

 
 
 
鉄分が正常値でありながら何かしらの理由で鉄分が脳まで届かないために、
 
脳の中は鉄分が欠乏しているというのが、子供がむずむず脚症候群になる理由として考えられています。
 
 
未成年の子供が発症している場合、
 
お父さんやお母さんにもむずむず脚症候群の発症歴があることが大変多いのです。
 
実に約8割の子供の両親は、いずれかが発症しているという調査結果も上がっています。
 
 
やはり、むずむず脚症候群になる原因は大人と子供では異なり、

 
子供の場合は遺伝が原因であることが多いのです。

 

子供のむずむず脚症候群はADHDに間違われる事が多いので注意が必要

 

子供がむずむず脚症候群にかかった場合、ADHDと間違えて診断される場合が多いです。
 
 
むずむずする為にじっとしていられない事が要因となるためで、
 
どちらが正しい診断名なのかはとても注意が必要となります。
 
 
ADHDとは“注意欠陥多動性障害”のことです。
 
先天性の発達障害であり、
 
「じっと静かに座っている事が困難」「集中して作業を行なうのが難しい」「衝動的に動く」といった特徴があります。
 
 
多くのお子さんは幼稚園・保育園のころに集団生活においてこの特徴がみられ、

 
児童相談所や小児発達クリニックで診断されることが多くあります。
 
 
 
むずむず脚症候群にかかっていても、
 
お子さんはなかなか自分の体の状態をうまく説明することが出来ません。
 
 
足の中がモゾモゾする、日中よりも夜のほうがより不快感が強い、足が気になるときはじっとしているのが難しい、
 
このような事をお子さんが訴えてきた場合はむずむず脚症候群の可能性があります。
 
 
もしもむずむず脚症候群であった場合、睡眠について理解の深い先生に診ていただくことが大切になります。

 
 
もしも睡眠障害クリニックが近くにない場合は、
 
神経内科・精神科でも受診が可能ですのでいずれかの病院を受診することをお勧めします。
 
 
お子さんの年齢が低い場合は、やはり足の不快感を上手に伝えられず、
 
ADHDに間違われる事が多いかもしれませんね。
 
 
お子さんの様子にあわせて、何科を受診するか判断するためには、
 
足を気持ち悪そうにしていないか注意することが必要になることが判りました。

 

子供のむずむず脚症候群の治療法

 

それでは、子供がもしもむずむず脚症候群であると判った時の治療法について考察していきましょう。
 
 
 
症状が軽い場合は、しっかりと眠る事・生活リズムを整える事・カフェインを取りすぎないことで対応できる場合があります。
 
 
特に、紅茶ですとか緑茶といったカフェインを含む飲み物を常飲しているのであればノンカフェインの飲み物に切り替える事が大切です。
 
 
夜に不快感が強い場合は、足をマッサージしたりストレッチしたりするのも大切になります。
 
鉄分不足も関係している場合は、鉄剤が処方されます。
 
 

これは錠剤とシロップがありますので、お子さんの飲みやすい方で問題ありません。
 
 
年中さんから小学校高学年くらいの間の約8割の子供に効果が見られます。
 
 
症状が軽くなる、またはなくなるのにおおよそ4か月の内服が必要です。
 
 
子供がむずむず脚症候群にかかった場合は、適切な治療法で対応してあげるのが大切になりますね。

 

子供のむずむず脚症候群のまとめ

 

やはり、むずむず脚症候群は大人だけではなくて子供にも発症するのですね。
 
原因は遺伝が一番多い理由ですので、お父さん・お母さんがむずむず脚症候群の場合は、
 
お子さんが足の不快感を訴えた時には早めに正しい治療法を取ってあげましょう。
 
 
お子様の年齢に合わせて、むずむず脚症候群向けの「ムズムズシラズ」というサプリメントや、
 
寝る前に使用するむずむず脚症候群専用のマッサージクリーム
 
HQLスムージングマッサージクリームの利用も視野に入れてみて下さい。
 
 

≪トップページに戻る≫