むずむず脚症候群の原因を調べてみてわかったこと

このページではむずむず脚症候群の原因について詳しくまとめています!
 
 
夜、布団に入って寝ようとすると足に不快感が出てしまう「むずむず脚症候群」は
 
どうやら神経伝達物質であるドーパミンが関係しているようです。
 
 
 
むずむず脚症候群については300年以上研究されていますが、ここ10年くらいの間に解明されたこともあるのです。
 
 
神経伝達物質の流れが滞ると何故むずむず脚症候群になるのか、
 
ドーパミンの生成に必要なことは何か、などをまとめています。

 

むずむず脚症候群の原因は頭の中の神経伝達

 

むずむず脚症候群になる原因は、どうやら頭の中の神経伝達の何かが関係しているようです。
 
どういうことなのか調べてみました。
 
 
 
まず、手や足といった部分で感じる「外部刺激」と、
 
その刺激を理解する「脳内の働き」を理解することがむずむず脚症候群を知る第一歩です。
 
 
 
指先ならば「洗濯を畳む」「ドアノブを回す」「コーヒーカップを持つ」「ティッシュを取る」といった刺激が、絶えず感じられています。
 
 

どんなにちょっとの動きであっても、必ず刺激は指先で受けています。
 
 
その刺激は末梢神経がまずキャッチして、そのあと脊髄を通過し、最終的に脳がどんな刺激だったのかを理解します。
 
 
脳内においては“神経細胞”が情報の受け渡しをしています。
 
神経細胞同士はピッタリとはくっついておらず、情報の送り手と受け手は少し隙間があいています。
 
 
情報の受け手が「神経伝達物質」を送り出して受け手がそれをキャッチすることによって、情報を脳まで伝えるのです。
 
 
この伝言ゲームのようなやりとりが正常に脳まで行われれば、手や足で感じた外部の刺激もそのまま正しく脳に届きます。
 

 
例えば足がシーツに当たっていれば「洗い立てのシーツはすべすべで気持ちがいい」という感覚が脳で正しく理解できるのです。
 
この流れにトラブルがおきると、指や足で感じた刺激を正しく脳が理解できなくなります。
 
 
 
いつもなら気持ちよく感じるバスタオルの肌触りが、
 
大きな刺激になってしまったり不快に感じたりしてしまう、ということはトラブルがあれば起こりうるのです。
 
 
どうやら、むずむず脚症候群もこのようなことが頭の中で起きているのではないか?
 
と昨今の研究では言われています。
 

 
つまり、布団に入ってからパジャマがこすれたとか、エアコンの風が脚に当たった、
 
という何気ないことが不愉快に感じてしまうということです。
 
 
やはり、頭の中の神経伝達のトラブルがむずむず脚症候群の原因のようですね。

 

ドーパミンとむずむず脚症候群

 

むずむず脚症候群の原因と言われている神経伝達物質はドーパミンです。
 
どのように関係しているのか確認してみましょう。
 
 
 
脳内で情報を伝えている神経伝達物質は複数の種類があり、
 
そのうちのドーパミンがむずむず脚症候群に影響があると言われています。
 
 
ドーパミンは「快感や幸せな気持ちを得る」「意欲的になる」というイメージですね。
 
元気になるイメージのドーパミンですが、「必要ない刺激をカットする」という仕事もしています。
 

 
 
人は活動している間、さまざまな刺激を外部から受けています。
 
都度その刺激に敏感になっていては、大きな痛みを感じたときに反応が鈍ってしまいます。
 
それを防ぐためにドーパミンはちょっとした危険でない刺激はカットしているのです。
 
 
ですが、ドーパミンが神経細胞と神経細胞の間でうまくやり取りできないと、
 
通常であれば伝達されないはずのちょっとした刺激がどんどん脳まで送られてしまうのです。
 
 
 
これがむずむず脚症候群の「ソワソワして不快」という状態になっているのではないか、と言われています。

 
やはり、ドーパミンとむずむず脚症候群は深く関係があるようですね。

 

ドーパミンに異常が起きている?原因は?

 

ドーパミンに異常が起きているとして、原因は何が考えられるのでしょうか。
 
体内で何が起きているのか調べてみました。
 
 
ドーパミンの伝達に異常が起きるのは“鉄分不足”が関与している事が判っています。
 
神経細胞の受け手が正しくドーパミンをキャッチするには鉄分が必要であり、ドーパミンの元になる成分を作る時にも鉄分が必要となります。
 
つまり、鉄分が不足してしまうと、ドーパミンが出来にくくなるし、受け渡しに問題が出やすくなるのですね。
 
むずむず脚症候群の方たちの体内を調べると、やはり鉄分不足になっているそうです。
 
ドーパミンに異常が起きる原因には鉄分が大きく関係しているようですね。

 

むずむず脚症候群の原因まとめ

 

むずむず脚症候群になる原因として、ドーパミンがとても関連している事がわかりました。
 
 
 
ドーパミンを多く作るためには、やっぱり「気持ちいい!」「うれしい!」という気持ちになるのが良いと思います。
 
ドーパミンの分泌を増やすには「新しいことに挑戦する」「感動する」のが大変効果的です。
 
 
いつもとは違う電車のルートで学校や会社に行ってみる、
 
ウォーキングくらいの軽度の運動をしてみる、友達を誘って買い物に行く、
 
などして気分を明るくしてみましょう。
 

 
新鮮な行動がドーパミンをたくさん分泌させることになり、
 
むずむず脚症候群からの解放に繋がりますよ!
 
 
 
他にも、むずむず脚症候群改善サプリメント「ムズムズシラズ」や、
 
メントールとラベンダーが配合されていてリラックスできる
 
むずむず脚症候群対策クリームHQLスムージングマッサージクリームもお勧めですよ。
 
 

≪トップページに戻る≫